結婚相談所が高すぎる!理由や他サービスとの比較まとめ

結婚相談所が高すぎる!理由や他サービスとの比較まとめ
監修者
細川佑太朗
オンライン結婚相談所「ウェルスマ」代表カウンセラー。年間200人以上の婚活をサポート。 2022年には、日本結婚相談所連盟(IBJ)に加盟する3,362社の中で優秀な成婚者数実績を残し、2期連続でアワードを受賞いたしました。 登録者数3,000人越えのYouTubeチャンネル「ほそゆう婚活大学」も話題沸騰中。 男女双方から聞いてきた“異性へのホンネ”をもとに、あなたを成婚へ導きます。

結婚相談所にかかる費用は、確かに他の婚活手段と比較して高いです。

結婚相談所の利用を検討するにあたって、どのくらい高いのか、高すぎる理由について知っておきたいですよね。

そこで今回は、結婚相談所と他の婚活手段の料金比較や、結婚相談所が高すぎる理由についてまとめました。

結婚相談所の代表として年間200人以上の婚活をサポートしている経験から、本音で解説をします。

記事を最後までチェックすれば、結婚相談所の高すぎる費用について納得できるはずです。

目次

結婚相談所の費用は他の婚活手段と比較して高すぎる

結婚相談所以外にも、マッチングアプリや街コンなど、さまざまな婚活手段があります。しかし結婚相談所の利用にかかる費用は、他の婚活手段と比較して高いです。

以下、各婚活手段の利用にかかる費用相場についてまとめました。

婚活手段費用
結婚相談所1〜3万円/月
マッチングアプリ4〜8千円/月
婚活パーティ男性:3〜8千円/回
女性:1〜5千円/回
街コン男性:4〜7千円/回
女性:2〜4千円/回
合コン男性:7千円/回
女性:3千円/回

婚活パーティ、街コン、合コンに月何回参加するのかにもよりますが、大半の方にとっては結婚相談所が最も費用のかかる選択肢でしょう。

詳しくは次の項目で解説しますが、結婚相談所では月1〜3万円の他にもさまざまな費用がかかります。

結婚相談所とその他婚活手段の比較については、以下の記事で詳しくまとめています。

関連記事:本気ならマッチングアプリと結婚相談所はどっちがいい?両者を比較&併用はアリかを解説
関連記事:本気なら結婚相談所と婚活パーティーどっちがいい?併用の是非や両者のメリット・デメリットを解説
関連記事:結婚相談所と街コンの違いを結婚率・本気度・かかる費用で比較&どっちがいいのかを解説
関連記事:本気なら結婚相談所と合コンどっちがいい?両者のメリット・デメリットを解説

結婚相談所の料金詳細

結婚相談所では、月額料金に加えて、以下の費用が必要です。

かかる費用費用相場どんな費用か
入会金2〜15万円入会時にかかる費用
お見合い費0〜1万円/回お見合い時にその都度かかる費用
成婚料0〜20万円成婚退会時にかかる費用

例えばマッチングアプリの場合、追加で数千円払うことで優先的にプロフィールを表示させられることがあります。

しかしそれを踏まえても、結婚相談所の費用が高すぎることに変わりはありません。

結婚相談所の費用について詳しく知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

関連記事:結婚相談所の料金相場は?大手5社の比較&安い結婚相談所の選び方まとめ

ただし婚活期間で考えれば結果として安く済むケースも多い

2021年社会保障・人口問題基本調査(結婚と出産に関する全国調査)47ページ」によると、結婚した初婚どうしの夫婦の平均交際期間は4.3年です。

またマッチングアプリなどインターネット経由で知り合い結婚した夫婦の平均交際期間は2.8年です。

そしてIBJが発行する2023年度版成婚白書によると、結婚相談所を利用して成婚に至る方の交際期間の中央値は4ヶ月となっています。

ただし婚活期間で考えれば結果として安く済むケースも多い
出典:2023年度版成婚白書 5ページ

以上から、結婚相談所利用者は他の婚活手段と比較して何倍も短期間で結婚していることが分かります。

そして利用期間が短ければ短いほど月額費用を支払わずに済むので、結果として結婚相談所の方が安くなるケースもあるでしょう。

関連記事:【データで見る】結婚相談所の交際期間平均は3〜4ヶ月!短い人の共通点やだらだらと真剣交際しないコツ

結婚相談所の費用が高すぎる3つの理由

結婚相談所の費用が他の婚活手段と比較してここまで高いのには、以下3つの理由があります。

  • 成婚料を設けているから
  • 会員の質を担保するため
  • サポートが手厚いから

それぞれ詳しく見てみましょう。

成婚料を設けているから

結婚相談所の費用のなかで最も高いのが成婚料です。成婚料を15万円以上としている結婚相談所も珍しくありません。

なかには「こんなところでもお金をとってズルいな」と感じる方もいるでしょう。しかし結婚相談所の成婚料には、実は大きなメリットがあります。

それは「結婚相談所に会員の結婚に対するインセンティブが働く」という点です。

結婚相談所にもし成婚料がなければ、会員が結婚せず、いつまでも使い続けてくれた方が得になります。本記事で紹介した他の婚活手段でも、利用者が結婚せず、そのサービスを使い続けてくれた方が運営側としては得になりますよね。

しかし成婚料を設けることで、会員とサービス運営者の気持ちが同じ方向を向きます。成婚料はたしかに高いですが、その分成婚の可能性は大きくなります。

会員の質を担保するため

かかる費用は、そのサービスの会員の質を決める大きな要因の1つです。

例えば無料で利用できるチャットアプリは、無法地帯と化しています。比較的安価で利用できるマッチングアプリは、体目的やマルチへの勧誘目的の利用者で溢れています。

「いい感じだと思っていた相手が実は既婚者だった」なんてこともあるかもしれません。

一方結婚相談所には、上記のような会員はいません。全員が本気で婚活をしています。不倫や勧誘を警戒しながら婚活をするのは嫌ですよね。

そして高い費用のみならず、入会時に独身証明書などの書類提出が必要な点も、結婚相談所の会員の質が高い理由の1つです。

関連記事:【3分解説】結婚相談所入会時の必要書類は全部で8つ!必要な理由や取り方を紹介
関連記事:【暴露】結婚相談所の会員の質に対する本音を中の人が忖度なしで解説

サポートが手厚いから

結婚相談所では、カウンセラーによる以下のようなサポートを受けつつ婚活を進められます。

  • お相手候補の紹介
  • お見合い日程・場所の調整
  • お相手へのお見合い・交際結果のお返事代行
  • プロフィールに掲載する自己PR文の添削
  • プロフィール写真撮影のサポート
  • 交際中のデートに対するアドバイス
    など

一方他の婚活手段の場合、出会いの場が提供されるのみで、それ以外のサポートはありません。婚活が上手くいくのも失敗に終わるのも自分次第です。

結婚相談所のようなサポートを提供するには、カウンセラーへの人件費が必要です。この人件費も、結婚相談所の費用が高い1つの要因となっています。

関連記事:うざい結婚相談所カウンセラーの特徴4選!合わない/むかつく場合の対処法も紹介

結婚相談所の費用が高すぎる、金の無駄という声が生まれる原因

ここまで紹介した、結婚相談所の費用が高すぎる「本当の原因」と、「高すぎる、金の無駄という声が出る原因」は異なります。

「高すぎる」「金の無駄」といった声は、以下のような結婚相談所利用者の不満や、利用を検討している方の先入観によるものが多いです。

  • 変な人しかいないから
  • ろくな女がいないから
  • ろくな男がいないから

それぞれ簡単に見てみましょう。

変な人しかいないから

ステレオタイプから「結婚相談所には変な人しかいない」という先入観を持つ方がいます。

しかし結婚相談所では数万人の中から結婚相手を探すので、それは間違いです。数万人全員が変な人であるはずがありませんからね。

最近では、インターネットの普及による婚活の一般化により、いわゆる普通に会社にいそうな男女の結婚相談所利用が増えています。

関連記事:結婚相談所に変な人しかいないは間違い!言われる理由やあたってしまった際の対処法

ろくな女がいないから

結婚相談所を利用してうまくいかなかった男性から「ろくな女がいなかった」「だから金の無駄だった」という声が出ることがあります。

確かにSNS等で話題になるような、とんでもない女性もなかにはいます。しかしそういった方は本当に稀です。

厳しい言い方にはなりますが、自身の改善点を無視して、原因を女性に押し付けてしまっている男性がいるのも事実です。

関連記事:結婚相談所にろくな女がいないと思うのは男性のあなたがやばいから?6つの原因を解説

ろくな男がいないから

男性の「ろくな女がいなかった」の声と同様に、「ろくな男がいなかった」という女性もいます。

しかしどんな男性と出会えるかは、本人のプロフィールや希望条件等によって異なります。また例えばお見合いで失礼な態度を取れば、本来良い男性であっても「ろくでもない男」に映るでしょう。

関連記事:結婚相談所にはろくな男がいないと言われる理由5つ!実際はどうなのかを本音で解説

結婚相談所は確かに高すぎるが金の無駄にはならない

ここまでの解説からもお分かりのとおり、たしかに結婚相談所にかかる費用は高いです。

成婚までに30〜40万円、場合によってはそれ以上の費用がかかることは覚悟しておきましょう。

しかし結婚相談所に支払った費用が、金の無駄になることはありません。

まず最も高い費用は、成婚時に支払う費用です。つまり万が一結婚できなければ、10万20万といった費用を支払う必要はありません。

またお見合い費用も、回数に応じて変動します。

費用を抑えて結婚への望みが薄いサービスを利用するのか、ある程度の費用は覚悟して結婚できる可能性が高いサービスを利用するのかはあなた次第です。

関連記事:【実態を暴露】結婚相談所成婚率の年齢別まとめ!低い理由も紹介【20代/30代/40代】
関連記事:結婚相談所が金の無駄と言われる理由7選!無駄にしないためのコツも伝授

ただし極端に高すぎる結婚相談所には要注意

日本にある結婚相談所の数は約4,000社とされています。そして結婚相談所ごとに、費用は大きく異なります。

例えば「入会金ゼロ」のような広告文句で注目を集めつつ、それ以外の料金が極端に高い結婚相談所も存在するので注意しましょう。

確かに結婚相談所の費用は他の婚活手段と比較して高いです。しかしそれでも費用を抑える方法はあります。

費用を抑えたいのであれば、オンライン型の結婚相談所や、データマッチング型のプランを選ぶのがおすすめです。

ウェルスマでも、初期費用19,800円・月額9,800円の業界最コスパで利用いただけるプランを用意しています。

まとめ

結婚相談所と他の婚活手段の料金比較や、結婚相談所が高すぎる理由について解説しました。

確かに結婚相談所の費用は他の婚活手段よりも高いです。しかし費用の大きな割合を占める成婚料は、必ずしも支払わなければならないものではありません。

「結婚できればある程度の費用がかかるのはよし」と考えるのであれば、結婚相談所はおすすめの選択肢です。

ウェルスマは、オンラインで気軽にご利用いただける結婚相談所です。ご利用料金は、初期費用19,800円・月額9,800円からの業界最コスパ。IBJ AWARDでは、2022年・2023年の4期連続で4,211の結婚相談所の中でアワードを受賞いたしました。

結婚相談所選びでお悩みの方は、ぜひ一度無料のオンライン相談をご利用ください。婚活カウンセラーがご相談に乗らせていただきます。無理な勧誘はありませんのでご安心ください。

監修者
細川佑太朗
オンライン結婚相談所「ウェルスマ」代表カウンセラー。年間200人以上の婚活をサポート。 2022年には、日本結婚相談所連盟(IBJ)に加盟する3,362社の中で優秀な成婚者数実績を残し、2期連続でアワードを受賞いたしました。 登録者数3,000人越えのYouTubeチャンネル「ほそゆう婚活大学」も話題沸騰中。 男女双方から聞いてきた“異性へのホンネ”をもとに、あなたを成婚へ導きます。
目次