fbpx
https://www.wealsma.com/wp-content/uploads/2022/07/hosoyu-avator-300x300.png

こんにちは。ウェルスマ代表カウンセラーのほそゆう(@hosoyu_konkatu)です。

ほそゆうのプロフィール

・結婚相談所「ウェルスマ」代表カウンセラー。2022年前半は男女130人以上をサポート
・【登録者1600人突破】Youtubeチャンネル「ほそゆう婚活ちゃんねる」
・経歴:東北大→NTTデータ→大手コンサルファーム→婚活サービス企業経営


結婚相談所は、「婚前交渉禁止」というルールを設けていることが多いです。

婚前交渉とは、結婚前の男女が体の関係を持つことをいいます。

交際が進んでいけば、相手と深い関係になりたいと思うのは当然のことですよね。

わざわざ結婚相談所が、婚前交渉を禁止している理由はあるのでしょうか。

「この時代に婚前交渉を禁止にしているのはなぜ?」

「秘密にしておけばバレないのでは?」

今回は、このような疑問を解決するため「結婚相談所における婚前交渉のルール」について紹介します。

ルールには意味があるので、しっかり心得て守るようにしてくださいね。

結婚相談所の婚前交渉とは?

一般的に婚前交渉とは、「未婚の男女が体の関係を持つこと」をいいます。

昔は結婚前に体の関係を持つことを禁止されていましたが、現在では未婚の男女が体を重ねるのは当たり前のことです。

  • スキンシップ
  • 愛情を伝え合う
  • 体の相性を確認する

このような理由から、交際が進めば自然とおこなわれる行為となりました。

結婚相談所の婚前交渉とは?

結婚相談所が意味する婚前交渉とは、「成婚退会する前の男女が体の関係を持つこと」です。

基本的には会員同士の行動は自由とされていますが、婚前交渉については禁止とするルールが設けられています。

  • 宿泊・旅行
  • 同棲

上記のように、体の関係を持つ可能性が考えられる行為も「婚前交渉」とみなされてしまうので注意が必要です。

成婚退会する前に体の関係を持つと?

もし結婚相談所のルールを破り、成婚退会前に体の関係を持ったことがバレるとどうなるのでしょうか。

結婚相談所によっても異なりますが、一般的に多く見られるケースを紹介します。

①罰則を受ける

結婚相談所の「婚前交渉禁止」というルールに違反した場合、罰金・強制退会といった罰則を受ける可能性があります。

そうなれば婚活にかけてきた時間もお金も無駄になってしまうでしょう。

結婚相談所からの信頼も失ってしまうため、再入会をすることも難しくなってしまいます。

今まで真面目に婚活してきた人も、たった一度のルール違反で大きなものを失ってしまうことになるのです。

また婚前交渉については、誘った側だけでなく、受け入れた側も同様の罰則を受けることになります。

相手のことを大切に思うのであれば、軽い気持ちで誘うようなことはやめましょう。

そして誘われた側も、安易な気持ちや雰囲気に流されないようにしてください。

②成婚退会とみなされる

結婚相談所では、一般的に両者の結婚の意思を確認できれば成婚退会です。

それは婚活の終了と退会を意味するものなので、成婚料を支払って退会することとなります。

婚前交渉が発覚した場合、結婚意思の有無に関わらず成婚退会とみなされます。

「体の関係を持った」=「結婚の意思がある」とされるので、通常の成婚退会同様に成婚料を支払って退会する流れです。

成婚料は結婚相談所によっても異なりますが、5~20万円ほどかかります。

  • 婚活が強制終了される
  • 信用を失う
  • 成婚料+罰金を支払う場合がある
  • これまでの時間とお金が無駄になる

婚前交渉をするということは、これだけのデメリットがあるのです。

もし相手と結婚するとなった場合でも、後味の悪い成婚退会となってしまいます。

婚活のゴール、そして新生活のスタートが良い気持ちでいられるように、定められたルールは守るようにしてください。

なぜこんなルールがあるの?

大人の男女が体の関係を持つことくらい自由にさせてほしい!と感じる人もいるでしょう。

しかし婚前交渉を禁止としているのは、会員を守るためでもあるのです。

ここからは、婚前交渉を禁止にしている理由を紹介します。

①トラブルを防ぐため

結婚相談所で出会った人との婚前交渉を自由にしてしまうと、下記のような思いがけないトラブルが発生することがあります。

  • 妊娠
  • 性感染症
  • 急な交際終了

結婚の意思が固まっていない段階で、妊娠や感染症が発覚してしまうのはお互いに望ましいことではありません。

今後の婚活の選択肢を狭めてしまい、自分の意思に関わらずに結婚に至ってしまうこともあるでしょう。

そして婚活を応援してくれた人からの信頼も失ってしまうことになります。

また急な交際終了は、体の関係を持ったことが原因になってしまう可能性も高いです。

もともと体が目的であることもあれば、体の相性が悪かったことが原因ということも考えられます。

どちらにしても今後婚活を続けていくうえで、精神的なダメージは大きいものとなるでしょう。

このようなトラブルを未然に防ぐためにも、婚前交渉を禁止して会員を守っているのです。

②会員の質を向上させるため

結婚相談所は、他の婚活サービスと比較して真剣に結婚を考える人が多くいます。

それは「結婚相談所」というものが、信頼できる婚活サービスとして確立されているためです。

ここで婚前交渉を自由にしてしまった場合、真剣な婚活をしていることを利用して遊び目的やヤリモクの人が会員となる可能性も考えられます。

そうなれば会員の質は下がってしまい、結婚相談所における信頼もなくなってしまうでしょう。

規約として「婚前交渉禁止」と明確にしておくことで、安易に遊び目的で入会する人を阻止することができます。

あらかじめ予防線を張っておくことで、結婚相談所は会員の質を維持・向上させることができるのです。

キスやハグは婚前交渉に入る?

婚前交渉とは、男女が体を重ねることを指します。

ではキスやハグは、婚前交渉に含まれるのでしょうか。

これは結婚相談所の規約によって異なるため一概には言えませんが、多くの結婚相談所はキスやハグはOKとしています。

結婚相談所は「仮交際」と「真剣交際」があり、真剣交際は結婚を前提に1人の人と交際をすることです。

結婚相談所の中には、仮交際ではキスはNGで真剣交際に進むことでOKとしているケースもあります。

不安な場合は、結婚相談所に事前に確認しておくと安心です。

婚前交渉が発覚し退会になった例

婚前交渉としてもバレなければいいんでしょ?と安易に考えている人もいるでしょう。

しかし実際にルール違反をすると人の気持ちには変化が出てきてしまうものです。

実際に婚前交渉が発覚して退会させられてしまった事例を紹介しますね。

ケース①不安になり打ち明けた

【40代男性体験談】

真剣交際をしていて、キスをした流れで体の関係を持ってしまいました。

その時は盛り上がっていたし、お互いに合意のうえでの関係でした。

もちろん真剣に結婚する方向で話も進んでいたので、これで婚活が終了になってもいいという気持ちもあったんです。

2人さえ黙っていれば、結婚相談所にバレることもないと安易に考えていた部分もあったかもしれません。

しかし実際に体の関係を持ってしった後、女性が僕とのやり取りに不安を覚えてしまい、結婚相談所に相談をした際に発覚してしまいました。

もちろん結婚相談所としてはスルーできないために、その時点で強制退会です。

さらに交際も終了となってしまいました。

今まで婚活していた時間もお金も無駄に…。

僕は相手がいないまま婚活が終了してしまいました。

何がきっかけでどう発覚するかわかりません。

ケース②妊娠が発覚

【20代女性体験談】

真剣交際をしている中で、男性と関係を持ってしまいました。

私は本気だったので受け入れたのですが、体を重ねてから男性の態度が冷たくなったように感じました。

そんな中で妊娠が発覚

精神的にも不安定になってしまい、結婚相談所の人に相談しました。

私の気持ちを理解してくれましたが、やはりルールなので退会となりました。

男性とは交際が続いていますが、なんだかスッキリしない退会となってしまいました。

まとめ

結婚相談所には婚前交渉を禁止とするルールが設けられている場合が多いです。

結婚相談所における婚前交渉とは、成婚退会前に男女が体の関係を持つことをいいます。

このルールは会員を守ってトラブルなく婚活をするためにあるものです。

軽い気持ちでルール違反をしてしまうと、これまでお金・時間・信用を失ってしまうことになります。

それぞれの結婚相談所の規約を守り、気持ちのいい成婚退会ができるようにしてくださいね。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP