結婚相談所で結婚できない人の特徴を男女別に解説!結婚できる確率は?

結婚相談所で結婚できない人の特徴を男女別に解説!結婚できる確率は?
監修者
細川佑太朗
オンライン結婚相談所「ウェルスマ」代表カウンセラー。年間200人以上の婚活をサポート。 2022年には、日本結婚相談所連盟(IBJ)に加盟する3,362社の中で優秀な成婚者数実績を残し、2期連続でアワードを受賞いたしました。 登録者数3,000人越えのYouTubeチャンネル「ほそゆう婚活大学」も話題沸騰中。 男女双方から聞いてきた“異性へのホンネ”をもとに、あなたを成婚へ導きます。

残念ながら、結婚相談所利用者の全員が結婚できるわけではありません。なかには結婚できずにそのまま退会してしまう方もいます。

結婚相談所で結婚できない人の特徴を知ってその反対の行動を取ることで、結婚できる可能性はアップします。

そこで今回は結婚相談所で結婚できない人の特徴を男女別にまとめました。また記事後半では、結婚相談所で結婚できる確率についてもまとめています。

結婚相談所の代表として年間200人以上の婚活をサポートしている経験から、本音で解説をします。

記事を最後までチェックすれば、成婚率を少しでも上げるための考え方、立ち回り方が分かりますよ。

目次

結婚相談所で結婚できない人の特徴【男女共通】

まずは男女共通の結婚相談所で結婚できない人の特徴以下3つを紹介します。

  • 理想が高すぎる
  • 他責思考
  • お見合い回数が少ない

それぞれ詳しく見てみましょう。

理想が高すぎる

自分が相手に対して「良いな」と思うだけでは結婚できません。結婚をするには、自分と相手の両方がお互いに「良いな」と思う必要があります。

そして理想が高すぎると、相手から「良いな」と思ってもらうことができません。よってそもそもお見合いに至らないかもしれませんし、お見合いに至っても交際には発展しません。

例えば以下のような条件で相手に振り向いてもらえる可能性は低いですよね。

自分(男性)相手(女性)
年齢:50代
職業:派遣社員
年収:240万円
年齢:20代後半
職業:看護師
年収:450万円

もちろん高い理想を掲げるのは自由です。しかし本気で結婚相手を探すのであれば、現実的な相手を探すべきです。

譲れない条件はそのままで構いませんので、妥協できる点がないか考えてみましょう。

他責思考

  • マッチングが成立しないのは相手に見る目がないから
  • お見合いが上手くいかないのは相手が話をリードしてくれないから

上記のように、婚活が上手く行かない理由を相手に押し付けてしまう方がいます。

場合によっては、上記のような言い分が正しいかもしれません。しかし「マッチングしなかった相手」「お見合いが上手くいかなかった相手」と今後会うことはありません。

今後会うことのない相手に原因を押し付けても、あなたの婚活が上手く行くことはないでしょう。

よって「自分に何か改善できる点はなかったか」を考えることが重要です。仮に相手に原因があった場合でも、このように考えましょう。

そうすることで自身の魅力が向上していき、マッチングする確率・お見合いが上手く行く確率・結婚できる確率が高くなります。

お見合い回数が少ない

結婚相談所では、10回以内のお見合いで成婚に至る方が多いです。

お見合い回数が少ない
出典:2022年度版成婚白書

2回3回のお見合いで「私には無理かも」という気持ちになってしまうと、結婚はできません。

求める条件に完全に合致するお相手でなくても、話してみると意外と気が合ったりします。「まずは10回」を目標に、どんどんお見合いの機会を設けましょう。

結婚相談所に入会したての頃は、1回のお見合いにものすごくエネルギーを使います。しかし慣れてくると、気軽にお見合いをこなせるようになりますよ。

結婚相談所で結婚できない人の特徴【男性編】

続いて結婚相談所で結婚できない男性の特徴は以下の3つです。

  • 年下ばかり狙いすぎ
  • 清潔感がない
  • 自信がない

それぞれ詳しく見てみましょう。

年下ばかり狙いすぎ

男性は一般的に、年下の女性との交際を望む傾向にあります。少し古いデータですが、2019年の初婚夫婦の年齢差割合は、以下のとおりです。

  • 夫が年上:54.9%
  • 妻が年上:24.2%
  • 同い年:21.0%

出典:厚生労働省 人口動態調査 初婚夫妻の年齢差別にみた年次別婚姻件数及び百分率

確かに男性が年上、女性が年下のカップルは多いです。弊社ウェルスマにも、2〜5歳差(男性が年上)で成婚に至るカップルはたくさんいらっしゃいます。

>>ウェルスマ成婚者の幸せレポートはこちら

しかし極端に年下ばかりを狙っていると、なかなか結婚はできません。例えば40代で20代や30代前半の女性と成婚するのは決して簡単ではありません。

女性側も「5歳差くらいまでであれば許容できる」という方が多いようです。しかしそれ以上の年齢差がある場合には結ばれる可能性が低くなると心得ておきましょう。

清潔感がない

清潔感がない男性は、それ以外の条件がどんなに良くてもお断りされてしまいます。

しかし清潔感については、センシティブな内容なので、なかなかカウンセラーから会員様にアドバイスすることができません。

自身の清潔感のなさに気づかずに婚活を続けて、いつまで経っても結婚ができないなんてことも…。

身長や容姿は、後から変えることはできません。しかし清潔感は、ちょっと気をつけるだけで簡単に変えられます。

  • 髪が伸びすぎていないか
  • 鼻毛が出ていないか
  • 服が生乾きになっていないか

上記のようなことを気にかけるのも、婚活を成功に導く第一歩です。

オシャレな服を買ったり、スラッとして筋肉質な体型を目指したりといった大変なことは必要ありません。

関連記事:【暴露】結婚相談所ってぶっちゃけどうなの?スタッフが感じた本音を大公開!

自信がない

女性は自信のある男性を好む傾向にあります。

しかし結婚相談所を利用する男性のなかには、恋愛に対してなかなか自信を持てない方が多いです。何かしら恋愛で上手くいっておらず、結婚相談所に辿り着くわけですからね。

自信のなさがメッセージや食事の際に女性に伝わると、結婚はできません。

収入や職業などで威張る必要はありません。

「このお店がいいんじゃない?」「俺の趣味は〇〇だよ」のように自分の意思を堂々と伝えるだけでも、自信があるように見えます。

結婚相談所では、男性も女性も皆平等な位置からのスタートです。よって一般社会における恋愛で自信が持てなかった人でも、自信を持ちやすいのではないでしょうか。

「どうせ俺なんて…」のように思う必要はありません。

結婚相談所で結婚できない人の特徴【女性編】

最後に結婚相談所で結婚できない女性の特徴は以下の3つです。

  • プロフィール写真と実物のギャップが大きい
  • 品定めをしている感じが相手に伝わる
  • 過去にモテた経験を引きずっている

それぞれ詳しく見てみましょう。

プロフィール写真と実物のギャップが大きい

結婚相談所ではマッチングアプリのように、プロフィール写真や年齢・職業などを見て異性にお見合いを申し込みます。

プロフィール写真を「盛れた写真」にしておくことは、男性からの申し込み数を増やす上で重要です。

しかしプロフィール写真と実物のギャップが大きいと、交際には進めません。「写真と全然違うじゃん」と男性が引いてしまうのです。

よってプロフィール写真を極端に加工したりするのはやめましょう。結婚相談所を利用する目的は、お見合いの申し込みを増やすことではなく結婚相手を見つけることです。

プロフィール写真については、カウンセラーのアドバイスも受けられるので大きく心配する必要はありません。

品定めをしている感じが相手に伝わる

マッチングアプリなど他の婚活手段の経験から「女性が男性を選ぶ側」と思っている方もなかにはいるでしょう。

確かに男性比率が圧倒的に高いマッチングアプリなどでは、その通りかもしれません。

しかし男女比が五分五分の結婚相談所では、男性も女性も対等です。にもかかわらず男性を品定めするような態度でいると、なかなか結婚はできません。

女性比率が圧倒的に少ない場所では、多少高圧的な態度であっても男性は頑張ってアプローチをするでしょう。

しかし結婚相談所では「偉そうだな」「品定めするような質問ばかりしてくるな」と感じた時点で男性はフェードアウトします。

過去にモテた経験を引きずっている

結婚相談所を利用する女性のなかには、過去それなりにモテた経験がある方もいらっしゃるでしょう。

例えば「20代の頃に何回も告白された経験のある30代女性」のようなイメージです。

しかし結婚相談所における婚活では、過去にモテた経験を引きずってはいけません。過去にモテた経験を引きずると、婚活が上手くいかずに焦ってしまったり、相手を下に見てしまったりします。

現実的な話、同じ人物でも20代より30代の方が、一般的にはモテなくなります。それなのに過去の経験を引きずってばかりいると、男性から「痛い女性」に映ってしまいます。

過去の経験は忘れて、フラットな気持ちで結婚相談所での婚活に臨むことが重要です。これは過去モテていた人のみならず、全くモテなかった人でも同じです。

結婚相談所で結婚できる確率は30.4%

冒頭でもお伝えしたとおり、結婚相談所を利用したからといって、100%結婚できるわけではありません。

しかし結婚相談所が、他の婚活手段と比較して最も結婚できる確率が高いサービスであることは確かです。

IBJ 2022年度版 成婚白書」の情報をもとに計算をすると、20代の結婚相談所成婚率は30.4%です。

また結婚に対する熱量が高く、結婚に対して現実的に考えている人が多い30代の成婚率は、20代の30.4%よりも高くなると考えられています。

それ以降は40代50代と成婚率は少しずつ下がっていきます。

本記事で紹介した「結婚相談所で結婚できない人の特徴」とは真逆の行動を取ることで、30.4%よりも高い確率で結婚ができるでしょう。

関連記事:【実態を暴露】結婚相談所成婚率の年齢別まとめ!低い理由も紹介【20代/30代/40代】

まとめ

結婚相談所で結婚できない人の特徴や結婚相談所で結婚できる確率について解説しました。

結婚相談所を利用しても絶対に結婚ができるとは限りません。しかし「結婚できない人の特徴」と反対の行動を取ることで、少しでも結婚できる可能性を上げられます。

結婚相談所は数ある婚活手段の中でも結婚できる可能性が最も高い選択肢です。早速気になる結婚相談所を探してみましょう。

ウェルスマは、オンラインで気軽にご利用いただける結婚相談所です。ご利用料金は、初期費用19,800円・月額9,800円からの業界最コスパ。IBJ AWARDでは、2022年・2023年の4期連続で4,211の結婚相談所の中でアワードを受賞いたしました。

結婚相談所選びでお悩みの方は、ぜひ一度無料のオンライン相談をご利用ください。婚活カウンセラーがご相談に乗らせていただきます。無理な勧誘はありませんのでご安心ください。

監修者
細川佑太朗
オンライン結婚相談所「ウェルスマ」代表カウンセラー。年間200人以上の婚活をサポート。 2022年には、日本結婚相談所連盟(IBJ)に加盟する3,362社の中で優秀な成婚者数実績を残し、2期連続でアワードを受賞いたしました。 登録者数3,000人越えのYouTubeチャンネル「ほそゆう婚活大学」も話題沸騰中。 男女双方から聞いてきた“異性へのホンネ”をもとに、あなたを成婚へ導きます。
目次