https://www.wealsma.com/wp-content/uploads/2022/07/hosoyu-avator-300x300.png

こんにちは。ウェルスマ代表カウンセラーの細川です。(@hosoyu_konkatu)です。

ほそゆうのプロフィール

・結婚相談所「ウェルスマ」代表カウンセラー。2022年前半は男女130人以上をサポート
・【登録者1600人突破】Youtubeチャンネル「ほそゆう婚活ちゃんねる」
・経歴:東北大→NTTデータ→大手コンサルファーム→婚活サービス企業経営


結婚相談所には、交際ステータスが設けられています。

お見合いをして「もっと知りたい」と思った場合は、まず仮交際に進むのが一般的な結婚相談所の流れです。

結婚相談所で成婚するためには、仮交際を有効に活用することがポイントとなります。

複数人の相手と同時に進めることができるので、仮交際中のマナーや確認事項を抑えて真剣交際に進めるようにしましょう。

そこで今回は、結婚相談所の仮交際について紹介します。

結婚相談所独自の仮交際制度を活かして、素敵な結婚相手を見つけてくださいね。

結婚相談所の仮交際とは?

結婚相談所は、入会後に進むステップが定められています。

お相手探し
お見合い
仮交際
真剣交際
プロポーズ
成婚退会

結婚相談所の交際ステータスは2種類あり、仮交際を経てから真剣交際へと進みます

交際期間は仮交際と真剣交際を合わせて3~6か月程度が目安です。

それぞれの交際の特徴や違いを知っておきましょう。

仮交際とは?

仮交際とは、真剣交際に進む前のお試し交際期間のことです。

結婚を前提に交際する人を見つけるための期間であり、友達として相手のことを知っていくために時間を使います。

仮交際期間中は、他の人とお見合いをしたり、複数人と仮交際を並行したりしても問題ありません

真剣交際に進む人を見極めるために、積極的に活動したほうが良いでしょう。

仮交際の平均期間は2か月程度です。

ここで相手の価値観や結婚観などを確認して、自分にとって結婚相手として相応しい人を決めてください。

また同時に相手も複数人と仮交際をしているので、相手から選ばれるように努力する必要もあります。

真剣交際とは?

真剣交際は、結婚を前提とした交際を進めていく期間です。

真剣交際中は、お見合いの申し込みや複数人との交際の並行はできません

結婚に向けて1対1で交際をスタートさせる真剣な交際となります。

仮交際はなんのためにある制度?

一般的な恋愛にはない「仮交際」という制度は、なぜ結婚相談所に設けられているのでしょうか。

・相手の性格・価値観・結婚観を知ることができる
・お互いの相性を見極めることができる
・恋愛感情を育むことができる
・複数人の人との比較ができる
・効率的に婚活を進めていくことができる

結婚相談所で1度お見合いしただけでは、相手のことを理解することは難しいです。

仮交際期間があることで、しっかり相手のことを知り、そして比較しながら検討することができます

お見合いから仮交際に進む基準は?

お見合いから仮交際に進む基準には個人差がありますが、基本的には軽い気持ちからスタートしてOKです。

「もう一度会いたい」
「もう少し話してみたい」
「相手のことがまだわからない」
「少し気になる」

このような気持ちになれば、仮交際に進んで問題ありません。

反対に「この人との結婚は考えられない」「全然話が合わない」「もう会わなくていい」となれば、お見合いだけで終了させましょう。

「もう一度会いたい」という気持ちは、無意識に直感的に生じる感情です。

仮交際は直感を信じて気軽に交際を申し込んで良いでしょう。

仮交際に進む時は?

お見合いから仮交際に進むのは、「当人同士の取り決め」「専任カウンセラー同士で取り決め」と結婚相談所によって異なります。

事前に結婚相談所のルールを確認しておくようにしましょう。

仮交際は何人までがいい?

仮交際の人数には決まりはありませんが、並行して進めていく人数は2~3名がおすすめです。

お見合い相手が良い人ばかりで全員仮交際に進みたい!と思う人もいますが、欲張りすぎてしまうと婚活は失敗します

たとえば5人ほどと仮交際をすると、全員との関係が中途半端で曖昧になってしまうでしょう。

その結果、誰も選ぶことができなかったり、誰からも選ばれることがなかったり…そのまま仮交際が終了してしまいます。

【仮交際が2~3名がおすすめな理由】
・デートのスケジュールを立てやすい
・交際相手の情報が整理できる
・しっかり比較検討ができる

仮交際中の相手とは、週1回はデートをしたほうが良いです。

仮交際の人数が多いとデートの予定を立てることができず、結局あまり会えないまま時間が過ぎてしまいます。

その間に相手は他の人との恋愛を育んでしまうこともあるでしょう。

また仮交際の相手が多いと、情報が混乱してしまったり、余計な迷いが出てしまったりします。

スムーズに仮交際を進めるためには、仮交際の人数を2~3人までと決めておくほうが良いです。

仮交際中に確認すべきことは?

仮交際期間は、「結婚を前提にお付き合いできる相手かどうか?」ということを見極めていかなければなりません。

普通の恋愛とは異なり、限られた期間と時間の中で決断する必要があります。

ただ「また会いたい」「一緒にいて楽しい」と感じることも大切ですが、現実的に結婚した時のことも視野に入れて確認していくようにしましょう。

プロフィールにはないお互いのこと

お見合いでは、プロフィールに記載されている内容をもとに話を進めていきます。

趣味や休日の過ごし方など、当たり障りのない会話で終わってしまうことも多いです。

結婚を前提とした交際を始める前の仮交際期間中に、プロフィールだけではわからない部分を確認しておくようにしましょう。

家庭事情は?(両親の住まいや職業など)
借金は?(奨学金やローンなど)
宗教は?(集会頻度や結婚後の活動など)

仮交際の段階で踏み込んだ話はできないという人もいますが、このような話は真剣交際に進んでから知るのでは遅いこともあります。

また自分自身のことでも相手に伝えるべきことがあれば、仮交際の段階で伝えるようにしてください。

結婚後のライフプラン

仮交際では、結婚を前提とした交際をする人を1人決めなくてはいけません。

真剣交際に進んでから「結婚観が違う」となると、婚活が振り出しに戻ってしまいます

そうならないためにも仮交際の段階で、結婚後のライフプランを確認し合っておくようにしましょう。

住む場所は?
子どもは何人ほしい?
仕事はどうする?
両親や親族との関わり方は?

すべてが一致するわけではなくても、お互いに妥協できるところなどを話し合い納得しておく必要があります。

結婚するための交際なので、遠慮せずに自分の譲れない部分は伝えるようにしてください。

相手に対する自分の気持ち

結婚相談所で成婚するカップルは、条件だけで相手を決めているわけではありません。

人生のパートナーとなる人を選ぶので、そこに「好き」という気持ちがなくては上手くいかないでしょう。

どんなに条件が良い相手であっても、異性として魅力がなかったり、居心地が悪かったりすれば、幸せな結婚生活ではなくなってしまいます。

多少条件から外れていても、ときめきや安心を感じられる人を選ぶほうが良いこともあるのです。

また会いたいと思える?
手をつないでドキドキする?
一緒にいて居心地がいい?

一時の感情に流されてしまうのは危険ですが、冷静に自分の気持ちを確認しておくようにしてください。

仮交際中の禁止事項は?

仮交際中は、それぞれの結婚相談所が禁止事項を設けています。

禁止されていることをしてしまうと、結婚相談所や相手の信頼をなくしてしまうことになるので気をつけましょう。

・休会及び退会
・宿泊を伴う旅行や性交渉
・金銭の授受や貸借

これらの禁止事項は、会員同士のトラブルを防いで、婚活をスムーズに進めていくためのものです。

自分がルールを守ることはもちろんですが、相手がルールを守れる人かどうかも見極めてください

仮交際から真剣交際に進むためには?

仮交際は同時に複数の人と付き合うことができますが、真剣交際は結婚前提に1人の人を選ばなくてはいけません。

また相手も同じように複数の人と仮交際をしているので、あなた自身も選ばれる必要があります。

仮交際から真剣交際に進むには、「決断力」「判断力」「冷静さ」を忘れずにタイミングを見極めて進みましょう

デート3回目で真剣交際の相手を選んでおく

仮交際の期間は約2か月程度ですが、真剣交際に進むかどうかは早い段階で考えるようにします。

お互いの価値観や結婚観を話しながら、「この人と結婚したい」という人を決めておきましょう。

そのためにもできるだけ週末はデートを重ねて、会えない日は電話やLINEを続けるようにします。

ただし相手の気持ちもあるので、温度差がない状態で真剣交際に移行しなくてはいけません。

あまり焦らずに、まずは専任カウンセラーに相談をして時期を調整してもらうようにしてください。

まとめ

結婚相談所には、「仮交際」という一般的にはない交際ステータスがあります。

仮交際は複数の人と同時に交際することができるので、気になる相手のことを深く知ることができるでしょう。

お見合いから「また会いたい」と思えば気軽に仮交際に進めますが、そこから真剣交際に移行するためには1人に決めなければいけません。

しっかりと将来のことを話し合いながら、自分自身の気持ちも確認していくと良いです。

仮交際というシステムを利用して、効率良く素敵な結婚相手を見つけてくださいね。

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP