https://www.wealsma.com/wp-content/uploads/2022/07/hosoyu-avator-300x300.png

こんにちは。ウェルスマ代表カウンセラーの細川です。(@hosoyu_konkatu)です。

ほそゆうのプロフィール

・結婚相談所「ウェルスマ」代表カウンセラー。2022年前半は男女130人以上をサポート
・【登録者1600人突破】Youtubeチャンネル「ほそゆう婚活ちゃんねる」
・経歴:東北大→NTTデータ→大手コンサルファーム→婚活サービス企業経営


今回は、『モラハラ男子の見抜き方』というテーマでお話しをしていきたいと思います。

最近、モラハラ男子というワードを聞くことが多くなっていませんか?
世の中的にもハラスメント、いわゆるパワハラやセクハラなどのハラスメントが、近年注目されています。

今考えてみると、昭和のいわゆる頑固親父的な人も、モラハラの面があったのかもしれません。

でも、これから結婚される皆さんは、幸せな結婚するために、モラハラ男子は避けたいなと思われているはずです。

モラハラ男子って結婚するまでは、本性を隠しているので見抜けないのでは…と、疑問を持たれる方も多いと思います。

でも、お付き合いの期間でも、予兆が現れているはずなのです。

ですから、

  • 少しでも違和感を感じたら、見過ごしたりせずにしっかりと考えてみる
  • 結婚相談所など相談できる人がいる場合には、必ずカウンセラーさんに客観的な意見を聞く

結婚してからでは手遅れになるので、しっかりと向き合うようにしてください

モラハラ男子の特徴

まずモラハラ男子の特徴を6つお話し致します。
今、お付き合いされている方は、相手に思い当たる点はないか、チェックして下さい。

人をバカにする・駄目なやつだと論う

モラハラ男子の特徴として、他人を馬鹿にしたり、あいつは駄目なやつだと、論う傾向があります

例えば「あいつは本当に仕事できなくて、駄目な奴なんだよなぁ」と、会社の同僚の悪口を言ったり、デートで行ったレストランの店員さんに対して「本当に気がきかねーしよ、駄目な店員だったよな、クソ店員だ」という感じです、

  • 他人を平気でさらっと馬鹿にする
  • 他人を過度に見下す
  • 他人に高圧的な態度をとる

このような男性はモラハラ男子の予兆があります

結婚する前のデートでは、もちろんあなたと結婚したい、あなたに嫌われたくないと思っているので、攻撃的な面をあなたに向けてくることはないかもしれません。

でも、結婚をしてしまえば、その牙があなたに降りかかってくる可能性が、大いにあります

ですから、周りの人に対してどういう態度をとるのか、しっかりと観察する必要があります

会話をしていても人の感情を汲み取らない

2つ目の特徴として、会話をしていても人の感情を汲み取らない人です。

例えば、あなたが仕事のことで「この先輩、ちょっと大変だったんだよね」という話しをしても、「でもさ、それってこうすべきじゃない」「それは〇〇さんが甘いよね」と、バッサリと切ってくる感じの人です。

確かにロジカルに正論を言えば、彼の言ってることが当たっている場合も多いでしょう。
ただし、人間はロジカルに動けません。感情があるからこそ発生する悩みは、必ず誰しもあります。

ですから、感情を理解しようとせずに、ロジカルにバサバサと切ってくる人は、若干モラハラの気質があるでしょう。

https://www.wealsma.com/wp-content/uploads/2022/07/hosoyu-avator-300x300.png

素直な人も、自分の意見を率直に言うという意味で、あまり感情を汲み取っていないような発言をする人が、いるかもしれません。ですから、他の特徴と合わせて判断した方がよいかもしれません。

固定観念が強い

3つ目の特徴として、「こうあるべき」という固定観念が強いということです。

例えば「ご飯は女性が作るべきでしょう」「子育ては女性がすべきでしょう」「俺の方が忙しくて大変なんだから、お前がゴミ捨てとかやるべきでしょう」と、固定観念を強く持っている人もモラハラの気質があります。

自分の中の決まり事が全て正しく、それが全てだと思っているので、考えを一切崩さず、柔軟に対応するということができません

そして、その基準を崩そうと文句を言おうとするものなら、あなたを攻撃してくる場合があります。

https://www.wealsma.com/wp-content/uploads/2022/07/hosoyu-avator-300x300.png

このタイプの人は、話し合いが一切できませんし、パワーで押し込んでくるので、楽しい結婚生活は送れないと思います。

自己万能感が強い・謙虚さがない

4つ目の特徴として、 自己万能感が強い、謙虚さがないということです。

このような人は「何でも自分が一番で、何でもできる」と思っているので、「自分が正しくて周りが間違っている」と考えています。

また、このタイプの人は、学歴はある程度築いていたり、一流企業に勤務している人もいますし、逆に学歴があまりない人でもいるので、一概に客観的な立場でこの人はエリートだから、この人がエリートではないから、ということではなかなか判断できません。

ただ、裏の心理としては、実は自分に自信があまりなく、ガラスのハートを持っているので、その強さが崩れそうになる場面では、過度に相手を攻撃することで、自分を守ろうとすることがあります

本心では、実は自信がないタイプでもあります。自己万能感が強いというのは、何でも挑戦するというメリットもありますが、一方で人生を基本的に勝ち負けで考えています

https://www.wealsma.com/wp-content/uploads/2022/07/hosoyu-avator-300x300.png

例えば、あの人はもう役職なのに自分はまだなれないなど、出世競争に過度に反応するなど、何でも自分が一番でないと気が済まないところがあります。

人を否定してくる

5つ目の特徴として、 人を否定してくることです。

例えば、お互いに喧嘩になった時には、どうしてもお互いに文句の言い合いになることもあるでしょう。

ただし、言い合いになった時に、相手の人格まで否定してくるようなことを言ってくる人は、モラハラの気質があります。

  • お前は本当に駄目なやつだよな、頭も悪いし、何にもできないし、生きている意味あんの!?
  • お前の親の育て方が悪かったから、こんなんになったんだろうな

などと、その人の人格やパーソナリティ自体を攻撃してくるのです

もちろん喧嘩をしている場合には、その人の行動に対して、文句を言ってしまうことは、誰でもあると思います

例えば「なんでトイレの便座閉めないの!」などは、女性もよく怒るポイントです。
その時に「あんたの親はどういう教育してきたの!人間として本当に駄目だよね」などど、人格まで否定してくる人もいるのです。
こういう人はモラハラ気質があるということになります。

相手の感情をコントロールしてくる

6つ目の特徴として、無視をしたり怒りを爆発させたり、相手に罪悪感を抱かせたり、つまり相手の感情をコントロールしてくるということです。

自分に都合の悪いことを言われると、無視をしたり、逆にブチギレて反撃してきたり、
場合によっては「お前のせいで今日のデートが台無しになった」と、あなたの責任ではないのに、罪悪感を抱かせてきます

例えば、デートに行ったのに、彼自身は機嫌が悪く、そして天気も悪くなってしまいました。
そういう時に、「もう天気も悪くて最悪だよ!お前のせいで雨も降ってきたし、俺は機嫌が悪くなったんだよ。しょうがないだろ、全部お前のせいなんだから」と、言ってくるような人です。

このように、他人を怒りや相手に罪悪感を抱かせることで、コントロールして自分に従わせようとするのは、モラハラの気質があります。

モラハラ男子に騙されない

ここまでモラハラ気質がある人の特徴をお話ししました。
しかし、モラハラ気質の人はなぜか相手をコントロールすることが、上手な人が多いのです。

ですから、あなたが結婚前に、違和感を感じて本当に大丈夫なのかなという感情を見せたりしたら、「でも、俺はお前のことが本当に好きなんだよ、悪かったよ」と誤ったり、「お前のことが本当に好きだから、こんなことを言ってしまうんだよ」と、あなたが好きなことをアピールしてきます

モラハラ男子に引っかかりやすい人は、自分に自信がない人、つまり、「この男性を逃したらもう後がないかもしれない」と、結婚に焦っていたり、贅沢は言ってられないと自分に言い聞かせてしまう人は、特に気を付けて下さい。

常日頃から人の良い面を見ることは、人付き合いで大切なことですが、やはり病気的なモラハラという特性を持ってる人とは、絶対に一緒になってはいけません

周りの人に相談しよう

「モラハラ男子かも!」と自分で違和感を感じた際は、彼と一対一で話を続けるのだけではなく、周りの人に相談して下さい

親でも良いですし、結婚相談所であれば、カウンセラーさんでも良いと思うので、必ず周りの人に相談してください。

まとめ

今、お付き合いしている方がモラハラの場合、絶対に何かしらの違和感をあなたは感じるはずです。
自分の違和感は、うまく言語化できない場合もありますが、何か問題があるからこそ違和感を感じ取るのです。

ですから、その違和感を絶対そのまま放置せずに、周りの人に相談して下さい。

また、なかなか周りの人に言い出しにくい場合などは、私もLINEの方で相談にのりますので、ご連絡下さい。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP